プリンタ用などのトナー使用に関すること

プリンタなどのように印刷機械については、トナーを使用する場合も多いです。家庭用のものもあれば企業などのオフィス用に販売されているものも存在します。このとき、正規品と一般汎用品などに判別されますが、正規品以外の利用では注意を要することがあります。非正規品の使用になった場合、その後のメンテナンスや故障における修理について、販売元となる製造メーカーからの保証が受けられなくなることが一般的となっています。すなわち、故障しても製造元などでは修理等の対応をしてもらえなくなるので、正規品以外のトナーの使用については十分な注意が必要になります。また、正規品の使用であっても、メーカーや販売店では一定期間までしか保証が受けられないので、その点にも注意を要します。

正規品の使用と非正規品の使用に関する問題

トナーなどが正規品の使用であったのならば、使用に際して問題はほぼありません。万が一故障をした場合でもその保証期間内であれば、販売元のメーカーや家電量販店などの保証が受けられます。したがって、購入直後から非正規品で使用をすることは避けた方が無難な可能性が高まります。非正規品を最初から使用していて、万が一故障をしてしまった場合、メーカーなどの保証が受けられずに結果としてプリンタ等の廃棄を余儀なくされる恐れが出てきます。通常はメーカー保証が1年程度、家電量販店などの保証が5年程度受けられるのが一般的です。したがって、その間は正規品を使用していく方が望ましいという考え方も可能というわけです。ただし、正規品の欠点は高額になるということですから、そこをどう考えるのかで判断は変わります。

非正規品の使用に関するメリットとデメリット

非正規品の使用では、故障などの突発的な万が一の問題が生じたときに、メーカーや家電量販店などの保証が受けられなくなります。したがって、正規品の利用がよいのですが、一般的にメーカーの正規品は高額です。使い続けるとランニングコストも高く付きます。したがって、正規品の使用ではなく非正規品に変えた方が良いタイミングを見計らう決断が重要になってくるわけです。メーカー等の保証期間が過ぎてしまえば、もう非正規品を使用しても問題は無くなります。万が一、故障をしたときでもすでに保証期間が過ぎていますから、修理に出す際には修理費用がかかるわけです。高額な修理費用を出さなくても、その頃であればより高性能で安価なプリンタなどが販売されていますので、買い換えてしまえばいいわけです。