プリンタートナーの正しい購入方法とは

プリンターやコピー機、複合機などの機器には、インクが必要です。インクの形状は、インクカートリッジとトナーカートリッジの2種類があります。インクは液体で絵の具を紙に吹き付けるタイプのものです。あまり大容量に出来ないため、1本で印刷できる枚数も少なくなります。このタイプは、主に家庭用の機器に使用されます。トナーは粉の顔料の事です。大容量化が比較的簡単なので、ビジネス向けの中型から大型の機器に採用されています。機器メーカーが消耗品として販売しており、これを純正品といいます。純正品は機械の特性に沿った造りをしていますので品質も安定していますし、保証もしっかりしています。これに対して値段の安さと環境配慮を優先しているのが、リサイクル品や互換品です。

安全性重視なら純正品が安心です

純正品は、機械メーカーが製造しているため、その機械に最も合った配合の顔料が入っています。従って、発色を重視する場合は、絶対に純正品を利用するべきです。後述するリサイクル品や互換品は、機械メーカーが製造していないので、どうしても完全には調合が出来ません。そのため、発色の面ではかなり劣るのです。具体的には、カラー印刷をした場合に、はっきりと赤色が出て欲しいとか、特に写真などの画像を印刷したい場合にシャープは色使いが必要とされる場面では、純正品が一番、機械の能力を引き出すのに適しています。もう一つ、純正品を利用する利点は、故障などのトラブルの発生率が格段に低くなるということです。純正品は、容器を含めて新品で作られていますから、劣化の心配がありません。また、顔料の調合が最適ということは、顔料の吹き付けや送り込み部分への無駄な付着が最小であるということでもあります。

ランニングコストを抑えたいのであれば互換品

純正品に対して、機械メーカー以外が作っているカートリッジに、リサイクル品や互換品があります。リサイクル品は、カートリッジ容器自体は、メーカーの純正品を用いていて、これに顔料を詰め直して販売しているものです。メーカーでは基本的にリサイクル品の製造販売は行っていません。それは、容器が利用中にどんなダメージを受けているか分からず、製品の品質が保証出来ないためです。そこで、リサイクル品は、機械メーカー以外のメーカーが作っています。これらのメーカーは、使用済みの純正品カートリッジを消費者から回収しています。一般的には、3回から4回の詰め直しが可能とされています。これに対して、容器から独自に作っているのが互換品です。回収の手間がない分、海外での製造が可能で安く出回っていますが、粗悪品もあり、歩留まりは悪くなります。